幼児さん・小学生・高齢者の方まで楽しめる 季節の工作アイデア盛りだくさん!

【こどもと一緒に!】基本のイースターエッグの作り方

対象年齢:3歳くらい〜(保護者の方と一緒に作りましょう!)
むずかしさ:★★☆☆☆(かんたん)

イースターといえば、カラフルに色付けされた「イースターエッグ」

が有名ですね!

イースターエッグは、生命や誕生の象徴でもあるたまごが

キリスト復活を祝う日であるイースターにぴったりなので

イースターのモチーフとなっています。

 

今回は、本物のたまごを使った「基本のイースターエッグ」の作り方を紹介します。

卵を染める…というのはなんだか難しそうに感じるかもしれませんが、作り方はいたってシンプル!

ぜひお子様と一緒にチャレンジしてみてくださいね!

 

イースターっていつ?どんな日? 詳しく知りたい方は
こちらの記事もぜひチェックしてみてください!

2018年のイースターはいつ?どんな日?こどもに説明するポイント

 

道具

・鍋(たまごを茹でる用)
・プラスチックカップなどの深めの器
・大きなスプーン
・クレヨン

 

材料

・たまご(白色がおすすめです!)
・食紅
・水
・酢(なければ省いてもOK!)

 

作り方

たまごをゆでる

まずは下準備から始めましょう!たまごを固めに茹でます。

鍋にたまごがしっかりと浸かるくらいの水を張り、
たまごを、ヒビが入らないようにそっと入れます。

強火にかけて、沸騰したら火を止めます。
そのまま12分ほどおきます。

粗熱が取れたら、キッチンペーパーなどで水分をよく拭き取ります。
これでゆで卵の準備ができました!

 

たまごに模様を描く

茹で上がったたまごに、クレヨンで模様を描きます。

  

クレヨンが染め液をはじいて、カラフルなイースターエッグになりますよ!

 

染め液をつくる

次に、たまごに色をつけるための染め液を作ります。

水=カップ1
食紅=大さじ1
酢=大さじ1

の割合で、プラスチックカップなどに入れてよく混ぜます。

お酢が無くても、たまごに色はつきますが、
お酢を入れると発色がよくなりますよ!

 

たまごを染め液につける

クレヨンで模様を描いたたまごを、染め液に付けます。

大きめのスプーンにたまごを乗せて、そっと沈めましょう。

漬ける時間は、お好みで構いません!

すぐに引き上げればパステル風の淡い色合いに、

10分前後つけるとしっかりと色づきます。

 

染め液から引き上げる時も、スプーンを使うとやりやすいです。

引き上げた卵は、キッチンペーパーなどを敷いたたまごパックに載せると

いいですよ!

 

完成!

たまごが乾いたら、完成です!

カラフルでとってもかわいいイースターエッグができました!

たまごに絵を描いたり、染めたりするのは

イースターでもないとなかなかできないことなので

ぜひチャレンジしてみてください♪

きれいに染め上がったたまごを見ると嬉しくなります!

ゆでたまごは腐りやすいので、召し上がる際は当日中に食べるのがいいですね!

 

イースターにおすすめの工作

幼児〜大人まで❤︎イースターを楽しむ工作15選!
【決定版】イースターエッグの作り方とコツ、色々アレンジも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です