幼児さん・小学生・高齢者の方まで楽しめる 季節の工作アイデア盛りだくさん!

節分製作におすすめ!紙皿で変身☆鬼の帽子をつくろう!

対象年齢:5歳〜

難しさ:★★☆☆☆(かんたん)

 

節分の工作といえば、鬼のお面が定番ですね!

お面もとってもかわいいですが、

今年はツノがキュートな「鬼の帽子」はいかがでしょうか?

帽子の土台は紙皿を使って、とっても簡単にできますよ!

 

作り方をさっくり確認!

 

道具

・はさみ

・のり

・セロハンテープ

・ホチキス(なければセロハンテープで代用できます)

 

材料

・紙皿・・・1枚

・輪ゴム・・・1本

・紙テープ・・・30cm×2本

(紙テープがなければ、新聞紙や折り紙などてきとうな紙で代用できます!)

・折り紙

 

ポイント!

今回、帽子を頭に固定するあごヒモを紙テープなどの紙で作ります。

なぜリボンやヒモではないかというと、

万が一首に引っかかってしまっても、紙ならプチっと切れて安全だからです。

 

作り方

1、土台をつくる

まずは紙皿を使って土台をつくりましょう!

紙皿を軽く折り曲げるなどして、中心を探します。

 

中心に向かって、はさみで切り込みを入れます。

 

切り込みをずらして、5センチ分くらい重ねます。

 

重ねた部分を、ホチキスで止めます。

ポイント!
ホチキスの芯が引っかかると危ないので、
ホチキスを止めた箇所の表と裏を、セロハンテープで覆っておきましょう。
ちなみにそもそもホチキスが無い場合は、セロハンテープで止めてもOKです!

 

2、あごヒモをつくる

次に、帽子を頭に固定するためのあごヒモをつくります。

30センチほどに切った紙テープの片側に、輪ゴムを付けます。

 

こんな風に、紙テープの端を輪ゴムに引っ掛けるようにして折り曲げて・・・

 

テープを巻きつけてとめます。

もう1本の紙テープも同じように。

 

 

 

3、あごヒモを土台に付ける

1で作った土台に、2で作ったあごひもをくっつけます!

あごヒモの、輪ゴムがついていない方を

土台にセロハンテープで貼り付けましょう。

ホチキスで止めてもOKです。

 

こんな風になりました!

 

 

4、飾り付けをする

最後は自由に飾り付けをしましょう!

ぜひ土台のとんがり部分を、ツノに見立てて☆

 

折り紙をちぎって貼り付けたり・・・

 

くしゃくしゃにした折り紙を貼り付けるのもいいですね!

 

完成です!

 

飾り付けの材料に、毛糸やワタを使ってもかわいい作品ができますよ!

ぜひ色んな材料を用意して、自由に楽しんでください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です